英会話教材i-smile(アイスマイル)を始めた決め手についての話

英会話教材i-smile(アイスマイル)を始めた決め手についての話

デイビッド・セインさんが筆頭講師を務めるi-smile(アイスマイル)。ここまで人を魅了する英会話教材がかつてあったでしょうか。少なくとも、英語業界に革新をもたらしたものはない、と言っても過言ではないと思います。

とはいえ、私がこのように強く言っても、なかなか踏ん切りがつかないかもしれませんね。正直な話、その気持ちはよくわかりますし、しっかり検討してもらいたいと考えています。

これからご紹介するのは、私が何をきっかけにしてi-smile(アイスマイル)で勉強し始めたかという話です。最後までぜひ読んでいただき、少しでもi-smile(アイスマイル)を前向きに検討してもらいたい、そう願っています。

無料サービスが後押ししてくれた

無料サービスが後押ししてくれた

私がi-smile(アイスマイル)で勉強しよう、となった決め手はふたつあります。ひとつは、i-smile(アイスマイル)が提供している無料サービスです。

迷いをかき消してくれた

『【検証】i-smile(アイスマイル)という英会話教材の劇的効果』でお伝えしたように、私はi-smile(アイスマイル)の筆頭講師がデイビッド・セインさんだったことに驚き、同時に信頼してi-smile(アイスマイル)を始めようと思いました。ですが、手放しで安心したわけではないんです。やっぱり心のどこか片隅には、「信じたい。でもどうだろう…」そんな気持ちがありました。

それでいろいろi-smile(アイスマイル)のことを調べたら、無料サービスを提供していることがわかったんですね。私はその瞬間にi-smile(アイスマイル)への迷いが消えました。なぜなら、無料サービスの実施は、本当にその内容がよくなければできないことだからです。

手軽に始められる分、いろんな人がその無料サービスを受けるでしょう。いろんな人がやってくるので、評価される機会が増えます。ということは、厳しい評価でネガティブなイメージが生まれる可能性もあるわけです。

もちろん品質の向上という意味で考えれば、必要かもしれません。でもその厳しい評価を見て、有料版を前向きに考えた人の気が変わってしまうかもしれませんよね。それでもそんなある意味で博打的なことをしているのは、i-smile(アイスマイル)が「高評価が得られる」と自信を持っているからに他ならないんです。

というわけで私の迷いはすっかり消えて、無料サービスに申し込みました。もちろん大満足の内容で、すぐに有料版を始めましたね。これがひとつ目の決め手です。ちなみに無料サービスに対する私の感想は、『【続・感想】i-smile(アイスマイル)をやってみて初めてわかった結果2』で詳しく書いていますので、よければご覧ください。

無料サービスは友人も絶賛!

あとすっかり気をよくした流れで、友人に無料サービスがあるんだよと教えてあげたんですよ。その友人も私と全く同じ気持ちで、i-smile(アイスマイル)の一歩を踏み出せずにいました。でも無料サービスを受けてみたら、みるみるうちに英語スキルが上がって、それで申し込んでいましたね。

友人的には、LINEがあれば無料サービスを簡単に受け取れるのも手軽でよかったみたいです。おすすめされても、受け取り方が面倒だとやりませんから、i-smile(アイスマイル)はよく考えられているんだなあと感心してしまいました。

i-smile(アイスマイル)の無料サービスが気になる人は、LINEのID検索に「@qff7546x」と打ち込んで、i-smile(アイスマイル)を友達登録してみましょう。配信される動画を見て、感想をLINE経由でi-smile(アイスマイル)に送れば受け取れますよ。

料金が安かったのも大きな決め手

料金が安かったのも大きな決め手

もうひとつの決め手は、料金が安かったことです。i-smile(アイスマイル)の料金は199,800円なんですが、60日分のレッスン料金なので、1日分の料金は3,330円なんですよ。これって他の英会話教材や英会話教室に比べると、4~5,000円くらい安いんですね。

とても当たり前のことですが、高い料金を払えばそれなりに素晴らしいものが手に入ったり、いいサービスが受けられます。でも継続によって効果が出ることが前提になると、必ずしもそれがいいとは限りません。なぜなら効果が出る前に、経済的な理由が負担でやめてしまうからです。

そうなれば今まで払ってきた料金も、まったく意味がないとまでは言いませんが、ちょっと後悔の対象にはなると思います。その点も、レッスンを受ける人のことを考えているということで、申し込みの決め手になったひとつです。

まとめ

まとめ

英会話教材を始めるきっかけは人それぞれです。メソッドがよくて本当に話せそうだから、2ヶ月という期間で話せることに魅力を感じたから、など人の数だけあると思います。だから「無料サービスを行っている」「料金が安い」からi-smile(アイスマイル)を始めようよ!と無理強いするつもりはありません。

でも、少しでも積極的にi-smile(アイスマイル)を検討してもらえたらと思って話しました。ここまで聞いてくださり、ありがとうございます。i-smile(アイスマイル)で英語が話せる人が、この記事をきっかけに少しでも出てきてくれたら、これほど嬉しいことはないですね。

i-smile(アイスマイル)のイメージ画像
i-smile(アイスマイル)の公式サイトへ トップページを見る