レビューから判明したi-smile(アイスマイル)のメリットとデメリット

レビューから判明したi-smile(アイスマイル)のメリットとデメリット

i-smile(アイスマイル)は、リリースされてから今に至るまでさまざまな口コミを集めています。どれもi-smile(アイスマイル)の劇的な効果を高く評価するものですが、なかにはうまくはまらなかった…という声も少なからずあることがわかりました。

今回は肯定的なレビューと否定的なレビューにそれぞれ分け、そこから判明したi-smile(アイスマイル)のメリットとデメリットをご紹介していきます!

i-smile(アイスマイル)のメリット

i-smile(アイスマイル)のメリット

i-smile(アイスマイル)は、英会話がぐんぐん上達するようにさまざまなメソッドが盛り込まれています。とはいえ、実際のところほかの英会話教材ではなくi-smile(アイスマイル)を受けるメリットはなんなのでしょうか。3つのレビューを調査し、明らかにしたいと思います。

レビュー①

i-smile(アイスマイル)を始めて3週間くらいが経ちました。レッスンを受ける前まではすごく英語に対して苦手意識があったんですが、今は英会話を聞くのがとても楽しくなっています。どんどん勉強したいって思わせてくれるのがi-smile(アイスマイル)の魅力ではないでしょうか。

レビュー②

i-smile(アイスマイル)が教えてくれるのは本物の英語です。ネイティブが話す英語をちゃんと聞き取れるように、ネイティブが理解してくれる英語が使えるようにしてくれます。やっとこの当たり前のスキルを手にできる英語教材に出会うことができました。

レビュー③

海外旅行が趣味でしたが英語ができなかったので通訳は必須でした。通訳をしている人が悪いわけではないんですが、どこか物足りなさがあったんですね。i-smile(アイスマイル)のレッスンを受けて現地の人と直接話せるようになったら、いろんなことを気兼ねなく話せるようになりました。本当の意味でコミュニケーションが取れるようになって、ますます海外旅行が好きになりましたね。

レビューからわかること

i-smile(アイスマイル)のこれらのレビューを見ていると、英会話を心から楽しんでいることが強く伝わってきます。ただ英会話ができるようになっただけでなく、ちゃんと思いを伝え合うことができるようになっているんですね。ネイティブと会話し、関係を深められる。そうしたスキルが得られるのが、まさにi-smile(アイスマイル)のレッスンを受けるメリットと言えるでしょう。

i-smile(アイスマイル)のデメリット

i-smile(アイスマイル)のデメリット

肯定的なレビューが圧倒的に多いi-smile(アイスマイル)ですが、調べていると否定的なレビューもちらほら見られます。肯定的なレビューと同じようにいくつかピックアップし、それらからわかるi-smile(アイスマイル)のデメリットを解説していきます。

レビュー①

ある程度英会話ができたので、もっと深く学ぼうと思って始めました。ドラマは楽しかったんですが、ちょっと簡単過ぎましたね。物足りなくて2日1回、3日に1回とどんどんレッスンを受ける回数が減ってしまい、今はもう見ていないです。もう一度やろうかどうしようか悩んでいます。

レビュー②

自分とはあんまり相性がよくなかったですね。自分はどっちかと言うとテストで点を取りたかったので。リスングやスピーキングの力は上がりましたが、単語や文法はあんまり変わらず。これなら最初から英会話の本を買って勉強すればよかったです。英語の成績を上げたい人やTOEICの点数を上げたい人は、もう少し別の教材と比較して検討したほうがいいですよ。

レビューの特徴

i-smile(アイスマイル)の否定的なレビューを見ていると、「なかなか続けられなかった」「目的と違った」というものばかりでした。教材そのものの力は認めていながら上達しなかった、という内容が多い印象です。ほかにも「基礎を磨くのはいいが、ハイレベルな現場には対応できない」という意見もありました。

デメリットをあえてあげるなら

これらのレビューだけを見ればi-smile(アイスマイル)は特に専門的な用語が必要なときや、テストの点数を稼ぎたい人だと向いていないと言えるでしょう。i-smile(アイスマイル)の特徴をしっかり掴んでおかないと不満が残りやすい、というのがデメリットと言えばデメリットかもしれません。

まとめ

まとめ

i-smile(アイスマイル)のレビューから、i-smile(アイスマイル)を受けるメリットとデメリットを見てきました。メリットからわかったのは、ネイティブと楽しく英会話をしたいのであればi-smile(アイスマイル)は最も適した教材だということ。デメリットからは受ける前にi-smile(アイスマイル)の特徴を調べておく必要がある、ということです。

ただデメリットは、i-smile(アイスマイル)ならではのものというよりは、英語教材全般に言えることでしょう。いずれにしてもこれまで英語が苦手だった人やうまく話せなかった人にはぴったりな、優れた教材であることは間違いありません。

i-smile(アイスマイル)のイメージ画像
i-smile(アイスマイル)の公式サイトへ トップページを見る