i-smile(アイスマイル)の評判からわかる英語上達のポイント

i-smile(アイスマイル)の評判からわかる英語上達のポイント

i-smile(アイスマイル)は、たくさんの人から「あれはいいよ!」と絶賛されている英会話教材です。これまでなかなか英語が身につかなかった人、どうしても覚えられず悔しくて涙を流した人…そんな人たちでも、i-smile(アイスマイル)を終えた頃には、笑顔で英語を話せるようになっているんですね。

こうした事実から、少し思ったんです。i-smile(アイスマイル)のこういう評判を見ていけば、今まで気づかれなかった英語上達のポイントがわかるんじゃないかと。それでいろんな口コミを調べたら、ふたつのポイントを発見したんですよ!せっかくなので、みなさんにお届けしたいと思います!

ポイント1「楽しくやること」

ポイント1「楽しくやること」

最初に見つけた英語上達のポイントは、「楽しくやること」でした。改めて言われてみると、そりゃそうだと思われてしまいそうですが…でも、これまでの英会話レッスンや英語教材は、大事だと思っていながら徹底されていなかったんです。だから英会話の勉強をしていたのに成果が出ず、悩んでしまう人が続出していたんですね。

楽しいは記憶にいい影響をもたらす

そもそもどうして楽しくやることが上達に繋がるのかというと、理由は簡単で、記憶にいい影響をもたらしてくれるからです。楽しければ楽しいほど、人は勝手にそのことを覚えていきます。教科書に書かれている文章だと何時間向き合っても覚えられないのに、たった5分だけ見た面白動画の内容は鮮明に覚えていますよね。あれと同じです。

これのすごいところは、覚えやすいだけじゃないんですね。忘れないようにしようという気持ちがなくても、勝手に記憶してしまうところもあげられます。変なところに力を入れていないから、頭も身体も疲れません。全神経が画面に向かっていて、集中力はバリバリです。短期間でどんどん覚えていけるのは、こういうカラクリがあります。

本当に記憶したものは無理なく出てくる

高い集中力で覚えたものは、記憶にしっかり定着します。そしてここに保管されたものは、思い出すときも簡単です。考えであれば脳が、話し言葉であれば口が、スポーツの動きであれば身体がスムーズに動作します。

よく勘違いされやすいんですが、記憶って留めただけじゃ何の意味もなさないんですね。こうやって無理なく引き出せるのが、本来あるべき記憶力なんです。

ちなみに保管されたものは、ジャンルやカテゴリーなんて関係ありません。日本語も英語も平等です。ネイティブに伝えるべきフレーズ、そのときの発音の仕方など、英会話に必要なことがちゃんとスムーズに出てきます。これで楽しく覚えることが上達のポイントだ、とわかってもらえたんじゃないかなと思います。

楽しい要素が詰まっているi-smile(アイスマイル)

i-smile(アイスマイル)は、その楽しいって思える要素が、これでもかというくらいに詰まっているんですね。1回15分のドラマは先の展開が気になってどんどん見てしまいますし、ゲームは学習用と思えないほどハマる要素がたくさん。オンラインレッスンはしっかり勉強という感じですが、先生が優しくサポートしてくれて、笑わせたりしてくれます。

こんなふうにi-smile(アイスマイル)はいろんな授業があるんですが、そのどれもが「楽しい」を徹底しているんです。これがi-smile(アイスマイル)で、どんどんスキルが上がる秘密のひとつかなと思います。

ポイント2「人がそばにいるのを感じること」

ポイント2「人がそばにいるのを感じること」

次に見つけた英語上達のポイントは、人がそばにいるのを感じることです。と言われても、i-smile(アイスマイル)は自宅学習用教材ですし、よくわからないですよね。もちろん、ちゃんと説明していきますよ!

先生と生徒が近いから頑張れる

そばにいるのを感じる、と言っても常に誰かにレッスンの様子を見られているわけではありません。基本的にはひとりなので、ドラマを見て笑ったり、ゲームに夢中になってすごい顔をしても大丈夫です。ここで言う、そばにいてくれるというのは、距離が近いことなんです。

例えば先生であれば24時間体制のサポートセンターに連絡すれば、すぐに返事がもらえます。復習用のゲームをやっていると、他の生徒さんのスコアがわかるので、i-smile(アイスマイル)で勉強している人が他にもいることがわかります。こんな感じで「先生が見守ってくれている」「みんなやっている」というのが感じられるので、ひとりで勉強しているときよりも頑張ろうって気持ちになりやすいんですよ。

<ひとり>と<みんな>の程よいバランス

ただ英会話のグループレッスンのように、生身の先生や生徒さんがいるわけではないので、変に気を使わなくてもいい。ここのちょうどいいバランスが、個人レッスンとグループレッスンそれぞれの良さを引き出しながら、弱点を補い合っているんですね。これがうまくレッスンを受ける人のやる気を盛り上げて、上達に導いてくれているんです。

まとめ

まとめ

i-smile(アイスマイル)は、これまでと違う英会話教材とよく言われています。でも今こうして英語上達のポイントを見てきたら、確かになあと思ってくれるでしょう。楽しく、安心しながら英会話レッスンに取り組めるi-smile(アイスマイル)が、ちゃんと英語スキルを上げてくれますよ!

i-smile(アイスマイル)のイメージ画像
i-smile(アイスマイル)の公式サイトへ トップページを見る